神戸市 精神科 心療内科 うつ病 不眠症

神戸市 うつ病 不眠症

医療法人社団随縁会 ことしろクリニックが目指すもの

  • ごあいさつ

    ごあいさつ

    平成21年4月に医院を継承し、無事5年目の春を迎えることができました。医院として11年目の診療を続けております。これも患者さんや家族の方々はもとより圏域医療機関・行政・地域の方々のお陰と感謝しております。

    心の病においても意外に脳の生物学的要因が無視できず、それに基づく薬物療法などの治療は、正しく行うと一定以上の効果を上げます。私たちのクリニックに相談・治療を求めて来られる方々も、今苦しんでいる症状の速やかな改善を求めて来られ、私たちもそれに応えようとします。

    しかし一方で、心の病発症の背景の多くは、その人固有の精神生活があり、人生の物語があります。この場合、その人の話す状況や、人生の物語に耳を傾け『その人の病』を理解し、『その人の治療』を行い、『その人のより良い精神生活』を共に探ってゆくことが必要です。(もちろん、薬物療法・物理的な生活面の調整で症状が軽減して良しとすべき場合や、現状維持で安定されることを目標とする場合、アドバイスだけで薬物投与も行わずに治療を最小限にとどめる事を方針としなければならないこともありますが、この見極めのためにも相談者さん本人のお話をじっくり聞く必要があります。)

    患者さんが良くなって、発症前よりも楽になったと自ら話してくれる事がしばしばありますが、本人さんの成長を感じることもあり、その時は冥利につきます。できれば悩みの経験を良い機会として、それまでの精神生活をゆっくりながめ、ご自身の『思い込み』や『かまえ』『反応』のくせを知って、より成熟した生活へと踏み出していただきたいと願っています。医者による外来診療だけでなく、心理検査・集団認知行動療法はそのために必要な“情報・気づき・治療・集団での効果・行動への糸口・自己治療への導入などを与えてくれます。適応の方にお勧めしています。

    上記のような方々だけでなく、あらゆる心の病に対応してまいりたいと思っています。

    これからも患者さんと共に成長しつつ、地域・圏域のお役に立ちたいと思います。ご意見・お気づきの点などありましたら遠慮なくお話ください。

  • (2013/4)

医療法人社団随縁会 ことしろクリニック 院長 印部亮助

  • 公益社団法人日本精神神経学会認定 精神科専門医
    精神保健指定医

  • 法人名を『随縁会』とする理由について

    かつては縁で結ばれていると認識されていた各共同体内部の関係性が現代の日本では希薄化し、共同体そのものが衰退しつつあります。このため古くから保たれていた温かい地縁的相互扶助の機能が低下することにより従来暗黙のうちに期待されていた疾患を持つ人々への日常的で自然な支えが弱まっています。医療の密度・行政のサービスが同じように提供されていても、上記のことから症状改善・悪化防止・発症予防等がより困難になりやすいことは憂慮すべき事態です。各種の共同体意識が、より良い形で活性化されるようにとの願いを込め、また私たち自身が地域・圏域の人たちとの縁に従い、医療を中心とした日常的な支えを自然に行っていきたいとの思いを込めて法人名を『随縁会』といたします。

  • 診療名を『ことしろクリニック』とする理由について

    高い格式を持ち、診療圏の方々に親しまれている長田神社の主祭神であり、村祭りの神楽などにも登場する「事代主の命」の御名を、近隣文化との縁を深める観点から御許可をいただき、『ことしろクリニック』とさせていただきました。

    心の荷物を一人で抱えていませんか?一緒にお荷物をお持ちしましょう。
    まずはあなたのお悩みを聞かせて下さい。あなたにあった治療・対処を考えましょう。

お気軽にご相談ください

このページのTOPへ